英語育児のワークショップ

英語がブームの今、子供に英語を習わせたい人がたくさんいるようで、英語育児のワークショップが色々なところで開催されています。時間がなかなか合わなかったので、ずっと参加できずにいましたが、週末に開催している日を見つけ、行ってきました。会場は100人以上入るところでしたが、満席でした。講師をしてくださった方はご自分で留学し、今現在は英語の幼稚園をやっている方でした。ご自分の留学経験からお子さんを英語の環境に入れてあげたいと思っていたところ、20校以上の英語幼稚園を見学に行ったのに、納得できるところがなく、それならと、ご自分でやり始めたのがきっかけと言っていました。今では、結構有名な大きな英語幼稚園になっています。英語を話させたいから英語の幼稚園という考えは、親の努力が相当求められてきます。英語幼稚園に入る平日数時間だけでも、もちろん子供なので、吸収力がすごく、たくさん覚えてきますが、忘れてしまうのも早いです。家での復習もとても大事ということでした。英語幼稚園に預けているのだから話せるようになって当たり前という考えは捨てた方が良いと思います。日本人が経営している英語幼稚園なら、保育士さんたちも日本語で対応をして下さるかもしれませんが、外国人のネイティブの方がやっているところだと、幼稚園での報告などが英語になるので、親にも英語力を求められます。安易に子どもに英語をやらせたい、話させたいからと、英語の幼稚園に入れるのは、一度考えてからの方が良いというお話でした。
車査定一括査定プレミアム

痛風

配偶者が痛風持ちです。発症してから15年以上経ち、ここ10年近くは、あの痛い発作も出ていなかったので、頭の片隅には痛風持ちというのがあっても、外食時なども特に気をつけることもなかったのが、10年近く経ち、ついて出てしまいました。最初に出た時は、足に変な虫刺されか、折れたかなど不安たっぷりに整形外科へ行き、すぐに痛風ということがわかりましたが、当時、痛風とは何かを知らなかったので、いろいろな本を買ってきて、読み漁り、当時は、食事に気をつけたり、アルコールを控えていました。でも、人間とは、時間が経つと忘れてしまうものなのか、ずっと発作が出ていなかったので、気を許してしまっていました。痛風を再発し、2週間目になりますが、今回は、結構ひどいようで、だいぶ良くなってきましたが、足をまだひきづって歩いています。この時ばかりはと、野菜や、体に良いもの、アルコール断ちをしている主人ですが、この生活をいかに長く続けるかを、これから考えなくてはいけません。一時的にあまり好きでもないローカロリー、野菜、などを食べていても、足の痛みがなくなったら、また同じことを繰り返してしまいそうです。一度再発すると、繰り返しやすくなり、また年齢を重ねると、再発しやすくなると聞いたので、これからは、今まで以上に食事に気をつけなくてはいけません。アルコール好きな主人には過酷かもしれませんが、健康でいてもらうためにも、家族で力を合わせて、みんなでヘルシー食事をしたいと思います。
生え際が薄い人の育毛剤

謎の部屋

「ねえ、M・T。未成年後見人って何?」
 M・Tはまた箸を止めて眉を顰めた。
「ああ、T・Mみたいな、未成年で親がいないヤツの代理人だよ。他界したとか、離婚したとか、事情は色々あるけどね」
 M・Tはクールに言い切った。やはりと言うか、M・Tは頭脳明晰だったが、難しい話は私にはさっぱりだ。T・Mと仲違いする理由も分かるような気がしたけれど、私は言葉を飲み込んで平静を装った。
「なるほどね。要は親代わりってわけか」
 そんな第三者に財産の大部分を奪われた挙句、人生を狂わされたのだ。T・Mもたまったものではないだろう。
「俺なら人間不信に陥ってもおかしくないよ」
 M・Tはいつも通りの口調で言った。これならもう心配ないだろうと確信した私は、その場を後にして廊下から階段を経由して二階へ上っていく。いつの間に食べ終わったのか、一分と経たずにM・Tも私の後ろから付いてきた。
「何だよ。どうした?」
「いや、面白そうだから。私もまだこの部屋入ったことないし」
「珍しい。まあ、いいか。N・T、入るぞ」
 さっき道場の中を興味本位で散策していた時、一瞬手を掛けたのも束の間、N・Mに呼び止められて未開だった書斎の向かい側の部屋。そんな謎めいた門下生の部屋を、私はノックした。
 忙しい足音の後、ドアがゆっくりと開く。五〇センチ足らずのドアと壁の隙間からは不敵な笑みを浮かべながら中が見えないようにN・Tが顔を覗かせた。昔からN・Tはこういう童心は変わらない。
手汗の悩みはこれで解決

最終決議

M・Tを除いた結束力の固い面子は一堂に会し、かくして週一ジャンクフード解放最終決議という名の井戸端会議が執り行われた。
「では皆さん。これより最終決議に入りたいと思いますが、まずひと言だけ言わせてください」
 そこで一旦、私は一呼吸置いた。
「言ってみるもんですねえwww」
 私が改まったように言うと講堂の太い柱が軋むほどの笑いが起きた。
「では改めて本題に入りたいと思います。皆さん、一週間は月曜日から日曜日までありますが、さあ、何曜日に食べましょうか?」
「何なんだよ。その喋り方は」
「ハハハ!本家より偉そう」
 私の武田鉄也のモノマネは概ね好評のようだった。会議は盛り上がりを見せる中、N・Hが馬鹿らしい議題にくそ真面目に頭を捻り始めた。
「一週間のうちの一日だけに絞るとなると難しいよな」
「オレは、休日が良いと思う。快楽が倍増するし」とT・M。
「平日でも悪くないと思うよ。地獄が半減するし」N・T。
迷いどころだ。
「なるほど。どっちを選んでも一長一短ってわけだ」
平日か休日か。いずれにしても7分の1、使える手札は1枚のみだ。至福の解禁日を何曜日と定めるか。
 議論は平日派のT・MとN・Hと私、休日派のS・KとN・Tに分かれて白熱し、30分にも及んだ。
「絶対に平日だ!」「いや、何が何でも休日。これだけは譲れない」
 議論はやがて口論になり、取りつく島もなくなった私とN・Hはお互い顔を見合わせて苦笑いするしかなかった。
モ デ ル 愛用 まとめ 酵素ダイエット

スマホを有効活用しているかどうか

私は現在スマホでゲームをすることはなく、毎日欠かさず見ているものといえばヤフーニュースぐらいなものなので例えばいきなりスマホを取りあげられたりしてもさほどダメージがありません。
友人と連絡をとることも少ないですし、スケジュールの確認ができなかったりするだけなので多少は困りますが生活できてしまいます。

けれど依存度が高い人はスマホがない生活なんて考えられないのではないかなと思いますよ。
私の夫がそうなんですが、暇があればゲームをしているかサイトを見ているかしていますね。ふと見るとスマホをいじっていることが多いです。
依存しているねと言ったら、うん。自分でもわかってると彼は言っていましたよ。

一緒にいる時ずっとスマホばかり見ていられるとなんだか寂しい気持ちになりますが、しかしスマホを有効に使っているのは夫の方だろうなと思います。
私なんてヤフーニュースぐらいしか見ないわけですから別にスマホじゃなくたっていいんですよね。とりあえず電話ができるなら何でもいいような気がします。

アプリもたくさんあることだし、せっかく買ったのだからもっといい使い方をしたいですね。
割と新しい機種なのにニュースを見るためにしか使っていないなんてもったいないと思います。

使えるアプリとか、面白そうなゲームとか調べてみるといいかもしれませんね。
それよりまずは待ち受けを変更したいです。待ち受けすらいじっていないのでやけにさっぱりしているんですよ。いい機会なので華やかにしてみようと思います。
パティ葉酸

温め続けてきたとっておきのアイデアはまず使い物にならない

発想力によって新たなビジネスを創り出し成功している人の話を聞いて、自分も発想力を磨きたいと考える人は多いでしょう。この発想力に自信があり、企画会社の募集に応募する人の中には、その自慢のアイデアがまったく使い物にならないという人が少なくないそうです。そういう人の特徴には、そのアイデアを何年も前から温めてきたという、いわゆる虎の子だと主張するというのがあるそうです。しかし企画のプロに言わせると、こういうことを言うこと自体、発想力がない証拠だということです。とっておきのアイデアだと本人が思い込んでいるものに限って、すでに他の人によって考えられているものだと言います。また本人がそれにこだわればこだわるほど、それ以上の発想ができないことになるので、もはや発想力がないと評されることになります。発想力のある人は、状況に応じてどんどんアイデアを出していきますので、とっておきの虎の子アイデアなど使い物にならないことがわかっていると言います。逆に一つのアイデアに固執していると、新しい発想ができなくなり、発想力を衰えさせる原因にもなると言います。新しい発想ができなくなるということは、自分の未来の行動に制限がかかることになるので、大きな機会損失につながることにもなります。このように発想力を磨くということは、一つの最高だと思えるアイデアを大事に育てるということではなく、小さくても次から次へとアイデアを出し続けられるようになることなのです。
ネットで売れてる酵素ドリンク

汗だくダラダラは夏風邪も吹き飛ばせる?

暑い時期なのに風邪をひいてしまい、咳と微熱でだるいなか、在宅の仕事をしていました。
締め切りが夕方に決まっているので焦るのですが、気持ちばかり焦ってなかなか進みません。
しんどくて眠くて、資料を目で追っていても全く頭に入ってきません。
「どうしよう、もう今日は仕事できない、無理ー!」とベッドに向かおうかどうしようか、半ば諦めかけていた時。
クーラーでゾクゾクっと寒気を感じたので、思い切って消すことにしました。つけたのは扇風機の微風のみ。
外は32度、窓を開けても風もなく、部屋の中もそのうち外と同じ気温になりそうです。
熱いしょうが湯を準備して飲むと、次第に身体がぽかぽかと温まってきます。
額から汗がしたたり落ち、他にも至る所から汗がダラダラと出てきました。
と同時に、つらかっただるさもいつの間にか抜けていました。
汗をかくのは爽快感もあって気持ち良いのですが、ベタベタになって気持ち悪くもあります。
そういえば最近自分から進んで汗をかくようなことをしていませんでした。
風邪薬を飲んでもたいして改善しなかったのに、汗をかくだけでこんなに気持ちが良いとは思いませんでした。
汗をかいたままでは気持ち悪かったので、冷水でシャワーを浴びました。
気分もさっぱりして、これはいいかも!と思い仕事を再開してみることに。
一時間前よりもはかどることはかどること!さっきまで素通りしていた文字がちゃんと目に飛び込んできます。
短い文章を書くのも遅々として進まなかったのに、サクサクと書き上げることができました。
予定よりも早めに仕事も終わり、お茶を飲む余裕もできました。
汗をかくことの大切さを久しぶりに身をもって学んだ一日でした。
すこやか地肌

岡山城に行ったときのこと

堀を渡り、石垣を観察していますと、なんだか当時の武士になったような気がしてきました。それは先日岡山城に行ったときの感想です。岡山城については、この記事で城主が誰で、歴史がどうこう書いて解説するつもりはありません。有名すぎることだからです。来館当日に観光ルートに入るであろう後楽園についても同様です。アクセスも岡山観光ネットのホームページから情報を入手できますのでご覧いただきたいです。ご存知だと思いますが、国内の多くの城は建替えられています(再建、復元を含む)。岡山城も御多分に漏れません。現代的な構造である鉄筋コンクリート造の部分があります。飲食店があり、来館者はエレベーターによって上層階まで行くことができます。それでも、5階や6階は階段で上り下りしなければなりません。階段は少し傾斜がきついと感じるかもしれません。ですから4階まではエレベーターで上り、その先の上層階は階段で上り、そこからは階段で歩いて下りていくのがいいでしょう。映画やテレビドラマで見かける大名駕籠は2階でご覧になれます。6階から景色を見下ろしてみると、当時の宇喜多直家の人々の思いを馳せることができます。外観は白鷺城とは色が対照的です。黒い印象を受けます。以前私が来館させていただいたときは女性のボランティアガイドさんにいろいろ教えていただきました。ガイドさんは資料をお持ちで(分厚いファイルのようなものをお持ちでした)、いろいろ情報を伝えてくれました。もちろん、質問もできます。来館当時は親切丁寧に答えていただきました。ガイドさんは無報酬でされていますので、終わりましたら感謝の意を表した方がいいです。まあ常識ですね。岡山市観光ボランティア連絡協議会のボランティアガイドさんです。烏城公園で待機されているようです。時間は協議会の方にお尋ねください。ライトアップもありますから、夜間の城の雰囲気を遠くから見るのもいいです。私は夜間にライトアップされた城を見るのが好きです。ライトアップされた工場を見るのが好きだという人の気持ちに似ているかもしれません。

マカで妊娠する

野菜は冷凍保存するのが便利です。

野菜はよく買う食材なので、冷蔵庫には常に何かしらの野菜が常備されています。
しかし、かさのある野菜ならではの特徴として、大きさのあるものや、1回に使う量が少ないものの割合が多い場合、場所をとってしまって、買い足した野菜の置き場所に困るということがあります。
その時に、冷蔵庫の野菜室ではなく、冷蔵室へも入れる場合があるのですが、冷蔵室の方が庫内の温度が一段と低く、そして他の食材が既に入っているため、なかなかきちんとした位置に置けないということと、庫内の温度の低さによって野菜の劣化が早いということがあります。
しかし最近、野菜の保管方法についていくつか方法があるということで、テレビや雑誌で取り上げられることが増えたので、それを参照するようになってから、少しづつ解決し始めています。
例えば、トマトはへたを取り、水洗いをして水気を切り、そのままジップロックに入れ、冷凍庫へ入れるだけで良いので、購入してからできるだけ早く凍らせるようにしています。
冷凍トマトは皮がさっとむけたり、旨みが凝縮されて食べやすくなったりと、メリットも多く、パスタソースやスープなど、さまざまな調理に使えるのも嬉しいです。
また、我が家ではあまり頻繁に使わないニンニクは、薄くスライスして冷凍すれば日持ちするという記事を読んでから、冷凍保存するようになりました。
ほぼ使い切れず、ずっと野菜室で保管していると、やはり傷んできてしまうので、この方法だと上手く使い切ることができそうです。
足がくさい

おいしそうなキャベツで、コールスロー

スーパーでおいしそうなキャベツが売られていたので、1玉まるごと購入してきました。
やや小ぶりだったのですが、重さは結構あったので、エコバッグへ入れて持ち帰りました。
野菜は旬のものが最もおいしく感じられますが、それ以外の時期でもおいしく、かつ安く購入したいと思うので、おいしい野菜を売っているお店へは良く通っています。
早めに帰宅できたので、早速キャベツを取り出し、まずは炒め物用として、葉と茎部分に分け、ざっくりカットしてジップロックに入れて冷凍庫へ入れました。
残りは千切りにして、コールスローを作ることにしました。
千切りしたものに少量の塩をふり、しばらく置いておき、その後水気を切るのですが、大きめのボウルいっぱいになることもあり、塩気でかさが少し減るのですが、水切りするのがちょっと大変です。
今回はニンジンも入れたかったので、薄切りにしてこちらも塩をふっておき、水気を切っておきました。
コーンの缶詰もあったのでこちらも使うことにしたのですが、キャベツのグリーンにニンジン、コーンのカラーが加わることで、見た目がにぎやかになります。
調味料はオリーブ油・酢・塩・コショウなど、自宅に常備してあるもので手軽にドレッシングが作れるため、キャベツを千切りしたり、水切りしたりする作業は手間なのですが、簡単に作れて、栄養あるキャベツをたくさん食べられるので、新鮮なみずみずしいキャベツが手に入った時や、旬の時期は特におすすめの調理法だと思っています。
生理のときのダイエット